2月 2

個人事業主が稼ぐために必要なスキルとは

個人事業主で働いていく時には、1000万円を目標に収入を伸ばしていきたいという人も多いでしょう。サラリーマンと比較をすると個人事業主というものはどうしても、福利厚生や保険の面で会社という後ろ盾がない分、収入を伸ばしておかなくてはいけません。病気などになった時に保険が薄い分自分で何らかの保険をかけておかなくてはいけません。それがつまり高い収入ということになるのです。

しかし簡単には1000万円の収入を得られる人も少ないでしょう。高いスキルを持っているのはIT系のフリーランスをしては常識ですが、個人で働くならば営業を行っていくというスキルが一番必要になります。高い技術を持っていても仕事がもらえなければ、1円の収入にもなりません。1000万円を得るには、営業を仕掛けていく心構えとそのためのスキルを身につける必要があります。そのため、まず自分という商品の価値を知ってもらうためにポートフォリオとなるサイトを用意しましょう。実績をアピールし、そこで技術力を確認してもらいます。またこまめに連絡が取れることも個人事業主に求められる資質です。

ほかにも、大切なポイントとしてメールやSNS、アプリなどを用意していつでも依頼側が連絡を取れるようにし、また即座に返事をすることを心がけます。営業力やコミュニケーション力にもなります。メールで正しい言葉を使う、ビジネスマナーを心得ている、手土産を持っていく、年賀状を送るなど一見古臭いことでも相手にとっては礼儀にもなりますから、こういう面から意識をしていくようにしましょう。

それ以外にも、自分で営業をせずに業界トップクラスの案件をもつエージェントにサポートを依頼することも有効です。自分のスキルにマッチした希望案件を見つけてくれるので、その分の時間を別の案件の時間に使うことが可能になります。詳細は「年収1000万を狙え!」に詳しく記載がありますので、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です