1月 29

個人事業主として年収1000万円稼ぐ方法

個人事業主として憧れるのは年収1000万円という人も多いでしょう。高収入なため、いろいろなところで憧れの年収として取り上げられています。これを個人事業主という働き方で達成するためには、いろいろな方法があります。一つは専門分野に特化することです。IT系の場合は特にジャンルを明確にし、例えばアプリ開発ができるならアプリ開発に特化したり、Webサイトのコンテンツ作成で収益化を約束できたり、アプリケーションのコンサルティングに特化したり、他人とは決してかぶらないオリジナルのデザインができる、というようなことでしょう。

このように特定のジャンルに特化すると特定のジャンルに特化でき、売りを作りやすいので収益が上がりやすいのです。また不労所得を得るということも大事でしょう。これは先進的な技術者ならブログでのさまざまな収益や著作での収益などがあてはまります。特に技術系ブログは需要が高いため、ITでの個人事業主でも専門的に書くことが多く、他のウェブメディアなどからも依頼が来ることもあるようです。コンテンツ作りができると知名度を上げることがより容易になります。

とはいえ、この年収1000万というのはとても厳しいもので、ハードな道でもあります。長い時間働くのも苦にならない人や、根本的にそのジャンルの仕事が得意という人ではないと難しい側面もあるかもしれません。労働時間が長くなり、求められる基準も高くなりがちですから、そこは覚悟しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です